HOME > サービス案内 > テーマ別に見る > 広告の認知率や表現内容評価を把握したい

広告の認知率や表現内容評価を把握したい

雑誌広告、TVCMなどの広告表現内容について、消費者の評価や実際の製品の購入意向などを聴取し、目的に適う広告表現の方向性を探索するヒントを得たい

推奨される手法

CLT(会場テスト)

調査会場で、統一した条件の下、直接消費者に広告(雑誌、CMなど)を見てもらい、その場でアンケートに回答してもらいます。実際の広告物に接触した消費者の生の声を聞くことができます。


WEB調査

広告物の画像や動画をアンケート画面に掲載することで、WEBのアンケートモニターに対し調査をかけることも可能です。(ただし、あくまでも画像・動画は広告物の二次的な見せ方になりますので、現物のクオリティ等を重視する場合には、CLTをお奨めする場合が多いです。)


グループインタビュー(座談会)

クリエイティブの評価に、定性的な調査手法を利用することもあります。1グループ5~6人と少人数ながら、より深いレベルでじっくりと意見を聴くことができます。


※詳しくは営業担当までご連絡ください。

トップへ戻る