HOME > サービス案内 > テーマ別に見る > 消費者の実態や意識を把握したい

消費者の実態や意識を把握したい

消費者の行動や意識、実態などの把握を目的とした調査をしたい

推奨される手法

WEB調査

どういった意識が多数派か、など量的な検証の手法は多くありますが、最近ではWEBのアンケートモニターを用いた手法も多用されています。(ただし、回答者が全員インターネットユーザーであることに留意する必要があります)


郵送調査/HUT

調査票を対象者の元へ郵送し、一定期間内に回答・返送してもらう方法も可能です。一定の留置き期間を設けますので、ある程度ボリュームのある調査も可能です。郵送調査のためには発送するためのリストを用意する必要があります。リストがない場合には、調査員、WEB等で協力者を募集するなどの方法がとられます。


グループインタビュー(座談会)

消費者個人のプロフィールや意識などを深堀りする方法としては、グループインタビューに代表される定性調査が有効となる場合もあります。


※詳しくは営業担当までご連絡ください。

トップへ戻る