HOME > サービス案内 > テーマ別に見る > 顧客やユーザー、会員(社員)の満足度を把握したい

顧客やユーザー、会員(社員)の満足度を把握したい

購入商品や利用サービスについての顧客やユーザー(消費者)の満足度(不満足度)や、会員(社員)の満足度(不満足度)について調査したい

推奨される手法

店頭・街頭調査

来店客や来場者に対しては、店頭で実際のユーザーにアンケートに答えてもらう方法をとるのが一般的です。 ⇒参考:来店客・来場者の属性や満足度を把握したい


WEB調査

ユーザーや会員(社員)のE-mailリストがあれば、そのアドレス宛に調査画面を配信するWEB調査が可能です。また、リストがない場合でも、広く一般層にスクリーニング調査を配信し、条件適合者には本調査に進んでもらうといった形で調査が可能となる場合もあります。


郵送調査/HUT

住所・氏名のリストがあれば、直接調査票を郵送する形での郵送調査が可能となります。一定の留置き期間を設けますので、ある程度ボリュームのある調査も可能です。


グループインタビュー(座談会)

顧客、ユーザーの満足点や不満点について、5~6人の対象者から定性的な意見を聴く調査手法もあります。必ずしもユーザー全体の意見を代表するものではありませんが、より詳細な意見を聴ける場合がありますので、意識面を深く掘り下げたい場合などには有効です。


※詳しくは営業担当までご連絡ください。

トップへ戻る